Boxing Times

news

「THE BEST OF BEST 」トリプルタイトルマッチ計量

30Dec2014

大晦日に開催されるトリプル世界タイトルマッチ「THE BEST OF BEST」(東京・大田区総合体育館)の前日計量が行われた。出場6選手はそれぞれ計量リミットをクリアしている。(12月30日 東京・五反田ゆうぽうとホール)

■WBA世界スーパーフェザー級王者戦
WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志(ワタナベ)は、1年ぶりとなる9度目の防衛戦を行う。同じ35歳の同級8位の挑戦者イスラエル・ペレス(アルゼンチン)を、まずは鍛え上げた肉体の存在感で圧倒した。「100%自信がある」と、1年ぶりの試合にも不安はない。

141230xBT03

■WBA世界スーパーフライ級王者戦
セミファイナルに登場するWBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)は初防衛戦の相手、同級5位のノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)から度々挑発を受けてきたが、この日は計量結果にクレームが。リミットいっぱいの52.1kgでクリアのはずが、パンツを脱いでの再計量を余儀なくされた。「なめられているようなので、ボディで痛めつけて後半KOする」と、数々の侮辱へのお礼はリングで返す。

141230xBT06

■WBA世界ライトフライ級王者戦
計量は両者リミットの48.9kgでクリアするも、WBA世界ライトフライ級王者のアルベルト・ロセル(ペルー)が公称36歳のところ、実際は39歳だったことが発覚。挑戦者の同級8位の田口良一(ワタナベ)は、「なおさら勝たないと。世代交代します」と思わぬ王者の高齢発覚に、必勝を期した。

141230xBT09

Photo: Hiroaki Yamaguchi

Recent News

Corner

Blog