Boxing Times

news

ダブル世界戦、井上は初回KOで王座奪取!拳四朗は2回KO勝ち!

26May2018

15

25日東京・大田区総合体育館で行われた「FUJI BOXING」ダブル世界タイトルマッチは、2階級制覇王者・井上尚弥(大橋)がWBA世界バンタム級レギュラー王者ジェイミー・マクドネル(イギリス)に初回KO勝ちで、3階級制覇を達成。WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)は前王者ガニガン・ロペス(メキシコ)に2回KO勝ちで3度目の防衛に成功した。

井上尚弥はマクドネルに初回KO勝ちで3階級制覇達成!

計量時の脱水状態から12キロ戻し、65キロで試合に臨んだマクドネルだが、井上のパワーの前になす術なしだった。

初回、2周り以上大きな王者マクドネルがアウトボクシングを試みるが、井上は鋭い踏み込みから左ボディをヒットさせ、早速ペースを握る。プレスをかけて追い込むと、テンプルへの左フックでグラつかせ、左ボディで早くもダウン。ロープに追い込み、怒涛のラッシュをかけると、マクドネルは崩れ落ち、レフェリーが即座に試合を止めた。

02

04

07

08

10

01

14

KOタイムは1回1分52秒。

日本最速16戦目で3階級制覇を達成した井上は16戦全勝14KO無敗。王座陥落のマクドネルは34戦29勝13KO3敗1分。

「WBSS(ワールドボクシング・スーパー・シリーズ)出場します!トーナメントには(WBO王者)テテ、(WBAスーパー王者)バーネット、強豪が待ち受けているので、今まで以上に練習して、優勝できるように頑張ります」と力強く言い放った。

拳四朗、前王者ロペスを2回KO!3度目の防衛成功

1年振りの再戦は登り調子の26歳王者と、37歳の元王者の勢いの差が歴然。初回、互いに様子見から、拳四朗が足を使ったヒット&ランで左ジャブをヒット。位置取り、距離感良く、前戦と比べてもサウスポー対策は格段に向上している。

2回、長いリードから右のタイミングを合わせると、右ストレートをヒット。続いて右ストレートをボディに。2発目のボディストレートがみぞおちに入ると、前王者は前のめりにダウンで、そのままテンカウント。KOタイムは2回1分58秒。

34

31

33

36

37

43

3度目の防衛に成功した拳四朗は13戦全勝7KO無敗。王座返り咲きに失敗したロペスは42戦34勝19KO8敗

世界挑戦を目指す井上拓真(大橋)は、ワルド・サブ(インドネシア)に初回KO勝ちしている。

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog