Boxing Times

news

パッキャオ、マティセに7回KO勝ち、WBA世界ウェルター級王座獲得!

15Jul2018

マレーシア・クアラルンプールのアシアタアリーナで15日に行われたWBA世界ウェルター級タイトルマッチは、挑戦者で6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が、王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)から3度のダウンを奪う完勝で7回TKO勝ち。

WBC世界スーパーライト級暫定王者&WBAウェルター級レギュラー王者の2階級制覇王者、35歳のルーカス・マティセ(アルゼンチン)と、6階級制覇王者、39歳のマニー・パッキャオ(フィリピン)による、ピークは過ぎたが存在感抜群のベテランハードパンチャー対決は、久しぶりのパッキャオ劇場が披露された。

初回から、往年のように出入りからワンツーを繰り出すパッキャオに、圧力を受けて、時折下がりながらガードを固めて迎え撃つマティセ。ハンドスピードで上回るパッキャオが、重厚なマティセのパンチを外して、小刻みにパンチをヒットさせていく。

スクリーンショット 2018-07-15 15.15.28

3回、パッキャオが一気に距離を詰めると、ショートアッパーでダウンを奪う。前後以外の動きが乏しいマティセの周りを、ポジションを変えながら自在なコンビネーションを披露し、マティセはワンツー止まりで連打に繋げられない。

4回からマティセが手数を増やすが、マティセの左ジャブに右ジャブや左ストレートを被せ、コツコツと積み重ねていくと、5回終盤にダメージの蓄積でマティセは膝をつき2度目のダウン。

中盤以降もパッキャオペースは変わらず。7回、ガードを固めるマティセの懐に入り、左アッパーで3度目のダウン。苦し気にマウスピースを吐き出すマティセを見て、レフェリーが試合をストップした。KOタイムは7回2分43秒。

20180715_matthyssepacquiao

世界的に無名だったジェフ・ホーン(オーストラリア)にWBO世界ウェルター級王座を明け渡す金星献上から1年、負ければ引退との報道も出ていた中、09年11月のミゲール・コット(プエルトリコ)戦以来、14試合ぶりのKO勝ち。16歳でプロデビューから23年以上、パッキャオのキャリアはまだ続くことになった。

10本目の世界王座獲得のパッキャオは69戦60勝39KO7敗2分。初防衛に失敗したマティセは45戦39勝36KO5敗1無効試合

なお、WBA同級には、長らく試合から遠ざかっているスーパー王者のキース・サーマン(アメリカ)がいる。

アンダーカードでも世界タイトル戦が3試合行われ、ジャック・デポラ(フィリピン)とエディバルド・オルテガ(メキシコ)によるサウスポー同士のWBAフェザー級暫定王座戦は、テポラが9回にダウンを奪い、最後はラッシュで9回2分38秒ストップ勝ち。

3月に神戸で小西伶弥(真正)を下して戴冠したWBA世界ライトフライ級レギュラー王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)は、16年リオ五輪出場、プロ2戦目のビン・ルー(中国)から2度ダウンを奪い、12回2分59秒TKO勝ちで初防衛に成功している。

元IBFフライ級王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)とムハマド・ワシーム(パキスタン)によるIBFフライ級王座決定戦は、114-113×2、116-110の3-0でムザラネが同王座2度目の戴冠に成功した。

Recent News

Corner

Blog