Boxing Times

news

リナレスvsクロラのダイレクトリマッチ、ダウンを奪ったリナレスが防衛!

26Mar2017

スクリーンショット 2017-03-26 18.19.40

3月25日(日本時間26日)イギリス・マンチェスターで行われたWBA世界ライト級タイトルマッチは、WBA&WBC統一王者のホルへ・リナレス(ベネズエラ/帝拳)、が前WBA王者の挑戦者アンソニー・クロラ(イギリス)からダウンを奪い、大差の判定勝ち。WBA王座の初防衛に成功した。

両者の対戦は昨年9月以来のダイレクトリマッチ。会場は、初戦と同じマンチェスター・アリーナ。初戦はWBC暫定王者のリナレスが、時に押し込まれる場面はあるものの、パンチの的中率で上回り、プレスをかけて前に出るも、決め手に欠けるWBA王者クロラに115-114、117-111、115-113の3-0の判定勝ちだった。

再戦は、序盤、互いにガードを固め、足を使いながら、左でけん制し合う、静かな立ち上がり。3回以降、プレスを強めるクロラ。ボディ、ワンツーと力を込めて放つが、当たっても単発。リナレスはジャブの早さ、精度で上回り、相手の打ち終わりにはショートアッパーをヒットさせ、試合を支配していく。

スクリーンショット 2017-03-26 18.19.12中盤も、リナレスが足を使って距離を保ち、クロラのパンチをかわしながら鋭いコンビネーションをヒットさせ、挑戦者を寄せ付けない。6回には右ストレートがタイミングよくヒット。7回、クロラのアゴ先をかすめる左ショートアッパーで華麗にダウンを奪う。

8回、後がないクロラはギアを上げてプレスを強める。9回には左ボディや右クロスをヒットさせ、攻勢を印象付けるも、リナレスも下がりながら左、細かいコンビネーションで応戦する。

スクリーンショット 2017-03-26 18.19.29終盤、リナレスは再び足を使い、リードブローを指してクロラに距離を詰めさせない。11回はワンツー、ショートの右からアッパーと右ダブルを披露。最終回、クロラは最後まで粘ったが、打たせないボクシングを徹底して、危なげなく試合終了。判定結果は3者ともに118-109と、敵地で完勝。

WBA王座の初防衛に成功したリナレスは45戦42勝27KO3敗。王座奪還に失敗したクロラは40戦31勝13KO6敗3分

WBC陣営からは、3階級制覇王者であるWBC同級レギュラー王者、マイキー・ガルシア(アメリカ)との王者統一戦がオーダーされており、リナレスの次戦で行われる可能性が濃厚。

Recent News

Corner

Blog