Boxing Times

news

三浦隆司、ベルチェットに大差判定負け!王座奪還ならず

16Jul2017



7月15日(日本時間16日)アメリカ・リフォルニア州イングルウッドで元世界王者の三浦隆司(帝拳)が、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲール・ベルチェット(メキシコ)に挑んだが、初回ダウンを奪われ、中盤以降は左ボディで王者に迫ったが、捕らえきれずに判定負け。王座奪還は叶わなかった。

初回、プレスをかけて前に出る三浦。まだ動きが固いところにベルチェットのワンツー、スリーの左フックでいきなりダウン。ダメージは深くはなさそうだが、王座を失ったバルガス戦の嫌な記憶が甦る。

以降も、足を使ったアウトボクシングから、遠い間合いからワンツースリーとまとめてくるベルチェット。身長差1センチ、リーチ差2センチ以上に距離が長く、三浦のボクシングをさせてもらえない。

4回、ようやく足が動き、上半身にもリズムが出てきた三浦。距離が縮めて右フック、左ストレートと単打で迫る三浦に、ベルチェットは左回りからコンビネーションで対抗し、手数で上回る。

中盤、強引な左の空振りで会場を沸かせる三浦、ボディショットに活路を見出す。左ボディ、右ジャブは時折ヒットさせるも、ベルチェットにラウンド後半に連打をまとめられ、王者ペースは変わらず。

8回、三浦が右ジャブから左ボディを効かせたが、ベルチェットも懸命に応戦。三浦のラビットパンチをレフェリーに訴え、回復を図る。

スクリーンショット 2017-07-16 19.51.07

終盤、疲労が色濃い両者。三浦は左ボディで王者を削り、ベルチェットは遠い距離から左、コンビネーションを返す。ダメージングブローは三浦の左ボディだが、手数が少なく、ベルチェットが回転力でリード。

11回には三浦がショートの左を顔面、ボディに再三ヒットさせるも、ベルチェットは想像以上のタフさを見せる。最終回も、三浦は左ボディで追い回すが、王者が逃げ切り、手数で凌ぎ切った。

判定結果は116-111、119-108、120-109と、1人はフルマークで王者と大差が付いた。最長でも12ラウンドの現代ボクシングでは、テクニックで上回る王者を最後まで捕らえきれなかった。

元王者三浦を下し初防衛に成功したベルチェットは33戦32勝28KO1敗。王座返り咲きに失敗した三浦は37戦31勝24KO4敗2分。

勝利者インタビューでベルチェットはWBO王者ロマチェンコとやりたいかと問われ、「誰とでもやる」と、ビッグマッチにも色気を見せた。

WBAスーパー王者・コラレスは、負傷判定で辛勝V3!

セミファイナルでは、WBAスーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)が、同級10位のロビンソン・カステジャノス(メキシコ)に先にダウンを奪われる展開も、10回途中負傷判定で辛くも勝利。暫定王座から合わせて3度目の防衛に成功した。

昨年、内山高志(ワタナベ)に2度勝利して名を上げたコラレスは、ゴールデンボーイプロモーションズと契約して、アメリカ進出初戦。

初回からスピードで上回るのはスーパー王者コラレス。互いにKO勝利率は30%台ながら、積極的に手を出し合う展開。2回にカステジャノスは額をカット。3回はカステジャノスのローブローでダウンと少々荒れ模様に、コラレスは集中力が途切れがち。

4回早々、カステジャノスは右カウンターでフラッシュダウンを奪うと、打ち合いの中から右アッパーで2度目のダウン。番狂わせの雰囲気も漂う中、ようやく集中しはじめるコラレス。

老獪なカステジャノスの粘っこいボクシングに手を焼いていたコラレスだが、6回、ようやく体力が回復したか、動きをとり戻す。7回、コラレスが左カウンターで挑戦者をグラつかせると、飛び込みざまの左ストレートでダウンを奪い返す。

8回、ガードがやや雑なコラレスにカステジャノスは右をコツコツと効かせていく。9回は左フックのカウンターと巧打をヒットさせるが、見栄えが良い一発で何とかしのぐコラレス。10回開始早々、バッティングでカステジャノスの右頬が大きくカットしたところ、ドクターチェックで即座にレフェリーストップとなった。

判定結果は94-94、96-92、94-93と小差2-0の判定勝ちでコラレスが王座防衛に成功した。

暫定王座含め3度目の防衛に成功したコラレスは24戦22勝8KO1敗1無効試合。2度目の世界挑戦も惜しくも敗れたカステジャノスは37戦24勝14KO13敗。

Recent News

Corner

Blog