Boxing Times

news

井上尚弥がMVP含む3冠受賞。2014年表彰選手が決定

08Jan2015

日本ボクシングコミッションは6日、東京都内で2014年の表彰選手選考会を開き、男子プロ最優秀選手に日本最短のデビュー8戦目で2階級制覇を達成した井上尚弥(大橋)が初選出された。井上は年間最高試合賞、KO賞と合わせて3冠受賞となった。

井上は4月に日本最短の6戦目でアドリアン・エルナンデス(メキシコ)から6回TKOでWBCライトフライ級王座を獲得。

9月の初防衛戦ではサマーッレック・ゴーキャットジムを相手に11回TKO勝利し、のちタイトルを返上。12月に2階級上のWBOスーパーフライ級タイトルマッチでオマール・ナルバエス(アルゼンチン)に2回KO勝ちで2階級制覇(年間最高世界戦)を達成した。

2014年の井上は3試合すべてがタイトル戦で、すべてKO勝利を収めている。

その他各賞の受賞は、別掲の記事を参照していただきたい。表彰式は1月23日(金)に後楽園ホールにて開催される。

600
Photo: Hiroaki Yamaguchi

Recent News

Corner

Blog