Boxing Times

news

京口がライトフライ級転向初戦を飾る!

26Sep2018

26

25日、東京・後楽園ホールで行われた「ガッツファイティング」のメインイベントに前IBF世界ミニマム級チャンピオンの京口紘人(ワタナベ)が登場。強打を爆発させ2度のダウンを奪い、4回ストップを呼び込むTKO勝利でライトフライ級進出第1戦を見事勝利で果たした。 

ライトフライ級 10R

○前IBF世界ミニマム級王者 京口紘人(ワタナベ)
TKO4R 2分20秒
●WBA6位/WBO8位/WBC11位 チボ・モナベサ(インドネシア)

初回、様子を伺いながらも徐々にプレッシャーを強めた京口、対するモナベサもサウスポースタイルから左を伸ばすなど、スピードをみせた。しかし一階級上げた前世界王者のパワーはライトフライ級でも十分な威力を見せた。さらに圧力を強め左ボディ、左右のアッパーなど強打を上下に打ち抜き、試合のペースを自分のものにした。

21

京口がロープに詰め、インファイトでの攻防となる3回、京口の左フックがカンターとなりボナベサからダウンを奪った。その後、4回に再び左フックで顔面を捉えダウンを追加。追撃で左アッパーを打ち抜いたところでレフェリーが試合をストップ。京口が自慢の強打をライトフライ級でも爆発させ2階級進出を4回TKO勝利で飾った。

22

23

24

試合後、京口の所属するワタナベジム陣営は10月21日にフィリピン・マニラで開催されるIBFライトフライ級王座決定戦、IBF同級1位フェリックス・アルバラード(ニカラグア)vsIBF同級3位ランディ・ペタルコリン(比)の勝者に挑戦する意向を示した。2課級制覇を宣言した京口は未11戦全勝8KO、初の敗北を喫したモナベザは18勝8KO1敗2分となった。

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog