Boxing Times

news

京太郎が6RTKO勝ちで2冠防衛

26Sep2018

10

25日、東京・後楽園ホールで行われたOPBF&WBOアジアパシフィック・ヘビー級タイトルマッチは、王者でWBO世界7位の藤本京太郎(角海老宝石)が挑戦者でOPBF10位、WBOアジアパシフィック9位のスタット・カラレック(タイ)に、鮮やかなカウンターでダウンを奪い、棄権を呼び込む6回終了TKO勝ち。OPBFは4度目、WBO・APは3度目と防衛回数を伸ばした。

OPBF&WBOアジアパシフィック・ヘビー級タイトルマッチ 12R
○王者 藤本京太郎(角海老宝石)
6回終了TKO勝利
●OPBF10位、WBO・AP9位 スタット・カラレック(タイ)

両者リングに立つと体格が一回り大きい京太郎が上下にジャブ、ストレートを打ち込み先制。カラレックも負けじと撃ち終わりを狙って左フックを強振して会場をどよめかせた。それでも冷静な京太郎はワンツーから左ボディに繋げ、ダメージを蓄積させていった。時折見せるタイ人の左右強打のフックも距離を掴んだアジア2冠王者には届かず、迎えた6回、京太郎は逆に狙いすました右カウンターを炸裂させ挑戦者がキャンバスに崩れ落ちた。試合が終わったかに見えたがカラレックは立ち上がりこの回をなんとか凌ぐも、コーナーに戻った所で挑戦者陣営が棄権を申し出て6回終了時TKO勝利により京太郎は両アジアタイトルの防衛に成功した。

03

05

06Knockdown punch

07

試合後のインタビューで年末か年明けに世界タイトル戦に関わる試合がしたい、と祈願しチャンスを信じる京太郎の戦績は21戦20勝12KO1敗、勇猛に挑むも敗れたカラレックは12勝11KO10敗となった。

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog