Boxing Times

news

坂本が暫定王座決定戦に勝利!土屋が引退を表明

01Jul2017

6月30日(金)東京・後楽園ホールで行われた『角海老ボクシング』メインイベントの日本ウェルター級暫定王座決定戦は、同級1位の坂本大輔(角海老宝石)が同級2位の川崎真琴(RK蒲田)に3-0判定勝ち。次戦は、怪我で戦線離脱の正規チャンピオン、有川稔男(川島)との統一戦を義務付けられている。勝った坂本の戦績は14勝8KO8敗3分、破れた川崎は9勝2KO5敗1分となった。

◆日本ウェルター級暫定王座決定戦 10R
○同級1位 坂本大輔(角海老宝石)
3-0判定(97-94,97-93,97-93)
●同級2位 川崎真琴(RK蒲田)


01

02

05

08

13

17

19

セミファイナルで行われた64.0kg契約10回戦は、IBFスーパーライト級7位、WBO9位の前日本スーパーライト級王者の岡田博喜(角海老宝石)がジェリッツ・チャベス(比)に3-0の判定勝ち。

◆スーパーライト級 8R
前日本スーパーライト級王者 岡田博喜(角海老宝石)
3-0判定(99-93、100-91、100-90)
●ジェリッツ・チャベス(フィリピン)

24

26

ライト級8回戦は、前日本ライト級チャンピオンの土屋修平(角海老宝石)が、水藤翔太(とよはし)に苦戦の末、判定勝ち。しかし勝利した試合後、リング上で引退を表明した。

◆ライト級 8R
○前日本ライト級チャンピオン 土屋修平(角海老宝石)
3-0判定(77-76、77-75、78-74)
●水藤翔太(とよはし)

36

37

46

48

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News