Boxing Times

news

村田諒太王座陥落…、ブラントに大差判定負け!

21Oct2018

B3F6D45B-6F6E-48AF-BB69-8BDFFAA86C44

10月20日(日本時間21日)にアメリカ・ラスベガスで行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチは王者・村田諒太(帝拳)が、挑戦者3位のロブ・ブラント(アメリカ)に、110-118、109-119×2と0-3の大差判定負け。2度目の防衛に失敗した。

初回、積極的に動いたのは挑戦者。フットワークを使いながら、左ジャブを突いていく。ジャブの刺し合いは、パンチスピードで上回る挑戦者に軍配。村田の堅いガードの隙間をシャープなワンツーでこじ開け、村田の顔は早くも被弾で赤らんでいく。

プレッシャーをかけて追い込みたい村田だが、ジャブが出ないため、右ストレートもほぼ空砲。前進するも単発止まり。自在に動き回るブラントは、オーバーペースにも見えるほど。倍近い手数で、ショートアッパーを織り交ぜたコンパクトなコンビネーションを細かくヒットさせ、前半をリードする。

35B6A64C-C703-4E96-A440-153F7EFC7744

4回、ようやく村田が手数を増やし、動き回るブラントに左ジャブ、左ボディをヒット。5回、村田は被弾も覚悟の打撃戦に持ち込み、ワンツーをヒット。ブラントはクイックなコンビネーションで応戦。

続く6回も、手数で上回る挑戦者に、局所的な打撃戦では村田の右もヒット。7回には少ない手数で村田がコーナーに追い込み、右ストレートをヒットさせるが、手数が出ないため捕えきれず。

405E21A1-7C74-447B-B1A6-5604DBC8A2A6

後半も動きが落ちない挑戦者に対し、村田は徐々に失速。ジャブが出ず、右クロスを狙う村田に左を合わせて顔を跳ね上げ、ヒットエンドランで突き放しにかかる。

終盤も完全にブラントが支配。ダメージ色濃い王者にコンビネーションを仕掛け、右ストレートを度々ヒット。最終回、追い足がない村田は打撃戦でも決定機は作れず。最後まで倍近い手数で圧倒されたまま、ゴング。

6C3C6489-8787-41EE-8F2E-38ACEF1571AE

判定結果は110-118、109-119×2。0-3の大差判定負け。

馬力では上回っていた村田だが、スピードで上回る挑戦者に研究され尽くされ、なす術無く王座を明け渡した。

王座陥落の村田は16戦14勝11KO2敗。
世界初挑戦で王座戴冠のブラントは24戦23勝16KO1敗。

同日ボストンで行われたWBO世界ミドル級王座決定戦は、元WBA・WBO世界スーパーウェルター級王者の1位デメトリアス・アンドラーデ(アメリカ)が同級2位のウォルター・カウトンドクワ(ナミビア)から序盤に4度のダウンを奪い、119-105、120-104×2と2者はフルマークの大差判定勝ち。
奇しくも同日、ミドル級に2人の新世界王者が誕生した。

2階級制覇達成のアンドラーデは26戦全勝16KO無敗。世界初挑戦で敗れたカウトンドクワは18戦17勝16KO1敗。

Recent News

Corner

Blog