Boxing Times

news

村田vsブランダムラは両者計量パス! 比嘉は体重超過で王座剥奪!

14Apr2018

03

15日、横浜アリーナで開催されるダブル世界タイトルマッチ。前日計量が14日、都内のホテルで行われた。メインイベントに登場するWBA世界ミドル級レギュラー王者・村田諒太(帝拳)はリミットちょうどの72.5キロ、挑戦者エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)も200グラムアンダーで一発パスしている。

08-1

02

01

08-2

問題が起きたのはセミファイナルのフライ級王座戦。1度目の計量で挑戦者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は300グラムアンダーの50.5キロでクリアー。しかし、王者比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)はリミット50.8キロを900グラム超過した51.7キロ。まったく汗が出ず、2時間の猶予内での減量を放棄してギブアップ。比嘉は再計量に現れなかった。

09

10

13

15日の朝に再計量し、フライ級リミットから10ポンド以下の増量の55.3キロに抑えられれば、公式タイトル戦として開催されることになった。

比嘉が勝つか引き分ければ、王座は空位のまま。挑戦者のロサレスが勝った場合に新王者が誕生する。15連続KO中の比嘉がKO勝ちすれば16連続KO勝利の日本新記録となるが、体重オーバーで王座を失っての記録更新となれば、記録にも泥を塗ったことになる。

JBCも国内外で体重超過が相次いでいる昨今のボクシング界の状況を危惧しており、比嘉にはサスペンドなどの処分が科される可能性が大きい。

Photo : NAOKI FUKUDA

DaQ6TlsVQAA1o9a


2018年4月15日(日)横浜アリーナ
WBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者 村田 諒太(帝拳)vs 挑戦者 エマヌエール・ブランダムラ(イタリア)

WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者 比嘉 大吾(白井・具志堅)vs 挑戦者 クリストファー・ロサレス(ニカラグア)

問い合わせ/帝拳ジム
放送:フジテレビ系列でPM7:57より生中継

Recent News

Corner

Blog