Boxing Times

news

源が7RTKOで日本フェザー級王者に!

08Apr2018

12

4月7日(土)東京・後楽園ホールで行われた「第572回ダイナミックグローブ」メインイベントの日本フェザー級タイトルマッチは、挑戦者1位の源大輝(ワタナベ)が王者の大橋健典(角海老宝石)に7RTKO勝ちで新王者に輝いた。

序盤、2年半ぶり2度目の挑戦となる源がジャブ、ワンツー、左フックと上下に打ち分け主導権を握った。王者も足を使いジャブで応戦するも、挑戦者の前進は止まらず5Rの途中採点では源が3-0とリード。気を良くした源がさらにプレッシャーを強めると王者も応戦、激しい打ち合いとなったが、続く7Rにボディ攻撃で王者の動きを止めた源が、右ストレートを打ち込むと王者が大きく後退し、レフェリーストップ。悲願の新王者となった源は15勝11KO5敗。

◆日本フェザー級タイトルマッチ 10R
○同級1位 源大輝(ワタナベ)
TKO7R 1分12秒
●王者 大橋健典(角海老宝石)

02

03

04

05

07

11

12

15

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog