Boxing Times

news

田中恒成が2-0で木村翔を下し、史上最速タイ&無敗で3階級制覇達成!

24Sep2018

24日に名古屋・武田テバオーシャンアリーナで行われたWBOフライ級タイトルマッチは、1位の挑戦者田中恒成(畑中)が、チャンピオン木村翔(青木)を2-0の僅差判定勝ちで下し、史上最速タイのプロ12戦目、無敗で3階級制覇を飾った。

タフネスなで泥臭いボクシングの王者木村は、前日計量では、前日から2キロ減で干からびた姿で減量苦を物語っていた。リングに上がれば肌つや良く、軽量級上がりのスピードスター田中よりひとまわり大きい。

注目の王座戦は初回から激しい主導権争い。近い距離で激しく打ち合う両者。互いに右ストレートをヒットするが、コンビネーションの回転力と精度の高さで田中が、馬力の木村を凌駕する。

2回、王者の強打を警戒し、出入りのボクシングを始める田中。木村が頭を突けてボディ連打、上下に打ち分けて応戦するが、大ぶりになったところを田中が左フックでよろめかせ、パンチをまとめて歓声を呼ぶ。

3回、田中は余裕が出てきたか、出入りからのコンビネーションを増やすとワンツーを度々クリーンヒット。木村はゴング間際に上下にパンチを返し、反撃の糸口を探る。

4回、出入りを繰り返す田中に対し、木村は大ぶりのビッグパンチを封印し、接近戦でボディ連打、ショートアッパーと、コツコツとパンチを当てる戦術に切り替えると、続く5回、頭をつけてボディの叩き合いに勝機を見出す。

oaf126e441dc5d5ce87bc7740d2939144_31163936_180924_0005

中盤は田中が突き放しにかかる。6回以降は「打ったらサイド」の指示通り、コンビネーションを当ててはサイドに動き、王者の顔面にパンチをまとめ、両目を腫らせていく。

7回、自在なフットワークから上下にコンビネーションをまとめる田中に、木村の不意のビッグパンチがヒット。田中がリングに手を着いたが、スリップダウンの判定。

ポイント優勢と見た田中陣営、8回以降は「(ボクシング)レッスン、ダンス!」との指示。足を使い、打っては離れて、手数が落ちた王者から逃げ切りにかかる。

10回、スタミナ消耗激しい中、木村はボディ、右ストレートと攻め続けて、気炎を吐く。再終盤は共にダメージ色濃いが、木村は自身のパンチの空振りで幾度もよろめく始末。それでも右クロスカウンターの刺し合いで会場を沸かせ、頭をつけての打撃戦と、最後まで果敢に打ち合い、終了のゴングを迎えた。

oaf126e441dc5d5ce87bc7740d2939144_31163936_180924_0003

判定結果は114-114、115-113、116-112と、2-0の小差判定で、優位に進めた田中が勝利。タフネスぶりを発揮した木村だが、手数が落ちない田中を最後まで捕えきれなかった。

プロ入り12戦目、史上最速かつ無敗で3階級制覇を達成した田中は12戦全勝7KO無敗。3度目の防衛に失敗した木村は21戦17勝10KO2敗2分。

試合後に新王者の田中は、木村に敬意を示しつつ、「弱気になったら負けだと思っていた。(3階級制覇は)うれしい。フライ級でてっぺんを目指す」と強気に語った。

セミファイナルのWBCユース・フライ級王座決定戦では、元WBC世界スーパーバンタム級王者で畑中ジム会長である畑中清詞会長の息子で、日本同級12位の畑中建人(畑中)がアプリリャント・ルマーパサル(インドネシア)に5回1分56秒TKO勝ち。デビューから7戦全勝7KOで初のタイトル奪取。

Recent News

Corner

Blog