Boxing Times

news

石田順裕、竹原虎辰にTKO勝ち。京太郎との王座戦へ

28Dec2014

12月27日、日本ヘビー級1位の石田順裕(グリーンツダ)が同級2位の竹原虎辰(緑)に4回終了後TKO勝ちした。ヘビー級3戦目にして初のKO勝利を飾った石田は39戦27勝11KO10敗2分。

ヘビー級転向後2戦の石田とは違い、10kg以上重い相手に打ち合いを挑んだ。早い回からパンチを集めると、竹原は両目をカットし、鼻からも出血。4回終了後に竹原側の棄権によりTKO勝ちを収めたが、「足を使えなかった」と、反省の弁を口にした。

次戦はヘビー級デビュー戦から2年後となる4月30日、日本王者の藤本京太郎(角海老宝石)との日本王座戦が濃厚。39歳の石田にとって、次戦は最後の王座挑戦となる可能性が高い。前回のノンタイトル戦では僅差の判定負けした藤本を相手に、2年間の進化を見せつける。

ボクシング人生の集大成として、日本スーパーウェルター級王者、OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者、WBA世界スーパーウェルター級暫定王者に続く、4つ目の戴冠となるか。

Recent News

Corner

Blog