Boxing Times

news

荒川が初防衛に成功!池山はV6

12Jul2017

20

7月11日(火)東京・後楽園ホールで行われた『DANGAN187』メインイベントのWBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ12回戦は、WBO世界同級8位の荒川仁人(ワタナベ)が、挑戦者の同級5位マーボン・ボディオンガン(フィリピン)に6RTKO勝ち。WBOで世界ランクにも入る荒川は再び世界挑戦をアピールした。

◆WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ 12R
○王者 荒川仁人(ワタナベ)
TKO 6R1分18秒
●同級5位 マーボン・ボディオンガン(フィリピン)


12

13

14

16

19

セミファイナルで行われたWBO女子世界アトム級タイトルマッチ10回戦は、47歳のチャンピオン池山直と4度目の世界王座挑戦となる花形冴美の再戦。フルラウンドに渡り激しく打ち合った両者の採点は、三者三様の引き分け。前回と同じ結果となった池山がタイトルを死守し、6度目の防衛に成功した。

◆WBO女子世界アトム級タイトルマッチ 10R
△王者 池山直(フュチュール)
1-1判定(96-94、94-96、95-95)
△同級4位 花形 冴美(花形)


02

04

05

06

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog