Boxing Times

news

赤穂がバンタム級新王者に、亀田和毅は大差判定勝ち

11Mar2017

21Akaho

3月10日、東京・後楽園ホールで行われた『A-sign.Bee1』メインイベントの日本バンタム級王座決定戦は、同級1位の赤穂亮(横浜光)が同級2位の田中裕士(畑中)を終始圧倒、3-0の判定で破り新王者に輝いた。赤穂は2011年東洋太平洋スーパーフライ級王座以来のタイトル獲得。赤穂は30勝19KO2敗2分。田中は19勝13KO2敗。

◆日本バンタム級王座決定戦 10R
○同級1位 赤穂亮(横浜光)
判定(3-0)
●同級2位 田中裕士(畑中)


16Akaho

17Akaho

18Akaho

19Akaho

20Akaho

セミファイナルには元WBO世界バンタム級チャンピオンの亀田和毅(協栄)が3年3か月ぶりに日本のリングに登場。IBFスーパーバンタム級6位マイク・タワッチャイ(タイ)にダウンを奪うなど3-0の大差判定勝ちを収めた。

◆55.8kg契約 10R
○元WBO世界バンタム級チャンピオン 亀田和毅(協栄)
判定(3-0)
●IBFスーパーバンタム級6位 マイク・タワッチャイ(タイ)


02Kameda

03Kameda

05Kameda

06Kameda

07Kameda

08Kameda

13Kameda

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog