Boxing Times

news

11階級で東日本新人王が決定!MVPは飯見嵐

04Nov2017

35

チャンピオンへの登竜門と言われる新人王。東京・後楽園ホールで3日、第74回東日本新人王決勝戦が行われ、11階級で優勝者が決まった。優勝者は東の代表として、西日本代表と、12月23日(土)後楽園ホールで全日本新人王と日本ランキング入りをかけて争う。今大会のMVPは全勝対決を1RKOで制したスーパーバンタム級の飯見嵐(ワタナベ)、技能賞は、サウスポー対決を制したフライ級の薮崎賢人(セレス)、殊勲賞は壮絶なKOで、8勝8KO1敗となったスーパーフェザー級のジロリアン陸(フラッシュ赤羽)が選ばれた。

◆ライトフライ級決勝 4R
○佐藤 剛(角海老宝石)判定 亀山 大輝(ワタナベ)●

02

◆フライ級決勝 4R
○薮﨑 賢人(セレス) TKO1R 荒川 竜平(中野サイトウ)●

04

◆スーパーフライ級決勝 4R
○今川 未来(木更津GB)TKO1R 荒川 竜平(中野サイトウ)●

07

◆バンタム級決勝 4R
○富施 郁哉(ワタナベ)3-0判定 池上 渉(郡山)●

18

◆スーパーバンタム級決勝 4R
○飯見 嵐(ワタナベ)TKO1R 濱田 力(本多)●

21

◆フェザー級決勝 5R
○佐々木 蓮(ワタナベ)TKO4R 清田 亨(大橋)●

22

◆スーパーフェザー級決勝 5R
○ジロリアン陸(フラッシュ赤羽)TKO3R 今井 健裕(ワールドスポーツ)●

25

◆ライト級決勝 5R
○有岡 康輔(三迫)TKO5R 内藤 未来(E&Jカシアス)●

27

◆スーパーライト級決勝 4R
○木原 宗孝(帝拳)TKO3R 土田 佑一(協栄札幌)●

29

◆ウェルター級決勝 4R
○重田 裕紀(ワタナベ)3-0判定 江黒 央(K&W)●

32

◆ミドル級決勝 4R
○加藤 収ニ(中野サイトウ)TKO3R 優しんご(宇都宮金田)●

33

36

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog