Boxing Times

news

4.15トリプル世界タイトルマッチ、比嘉と拳四朗が揃い踏み

20Feb2018

03

4月15日(日)横浜アリーナで行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチ・村田諒太の初防衛戦のアンダーカードが発表された。トリプル世界タイトルマッチとなり、WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾(白井・具志堅)と、WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が揃い踏みする。比嘉大吾は、16連続KOの日本記録をかけて同級2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)と3度目の防衛戦。拳四朗は、前王者のガニガン・ロペス(メキシコ)とのリマッチに臨む。いずれも試合の模様は当日、フジテレビ系列で全国中継される。

01

08

10

11

Photo : NAOKI FUKUDA


2018年4月15日(日)横浜アリーナ
WBA世界ミドル級タイトルマッチ
王者 村田 諒太(帝拳)vs 同級8位 エマヌエール・ブランダムラ(イタリア)

WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者 比嘉 大吾(白井・具志堅)vs 同級2位 クリストファー・ロサレス(ニカラグア)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者 拳 四朗(BMB)vs 前王者・同級1位 ガニガン・ロペス(イタリア)

問い合わせ/帝拳ジム
放送:フジテレビ系列で生中継

Recent News

Corner

Blog