Boxing Times

corner

OPBFミドル級王者・太尊康輝、注目のV1戦!
2017.04.14 update

4月16日に開催される「You will be the champion 8」(大阪・住吉区民センター)のメインイベントは、世界ランク入りも果たしたOPBF東洋太平洋ミドル級王者・太尊康輝(六島)注目の初防衛戦。挑戦者は同級13位のアン・サンジェ(韓国)。

■OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ12回戦

WBA世界ミドル級13位
WBCユース世界ミドル級チャンピオン
OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン
太尊康輝(六島)
VS
OPBF東洋太平洋同級13位
アン・サンジェ(韓国)


太尊康輝は12年プロデビュー。15年11月、当時日本&OPBFミドル級王者・柴田明雄(ワタナベ)に挑戦し7回TKO負け。16年4月にWBCユース世界同級王座を獲得。

柴田から西田光(川崎新田)へ、そしてドゥワイト・リッチー(オーストラリア)へと流れたOPBF東洋太平洋ミドル級王座を、16年11月、当時14戦無敗のドゥワイトからダウンを奪い、判定勝ちで初戴冠。今回が初防衛戦となる。15戦11勝10KO2敗2分の24歳。

挑戦者のアンは08年プロデビュー、15年5月、空位の韓国ミドル級王座決定戦で、7戦6勝1分けの相手に判定勝ちで初戴冠。以降は試合経験がない。9戦6勝3KO2敗1分の26歳。実力は未知数。

身長は190センチ近い大尊に、アンは179センチと約10センチ差。サウスポーの大尊がプレスをかけて、左を当てるチャンスを逃さなければ、負ける相手ではない筈。より上を目指すなら、ディフェンス面などの進化も求めたいが、どうか。

勝てば世界挑戦を目指したいという大尊なら、ここ2戦遠ざかっているKO勝利が見たいところ。


You will be the champion 8
2017年4月16日(日)大阪・住吉区民センター
15時00分開始
OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ12回戦
問い合わせ/六島ボクシングジム

Recent Post