Boxing Times

news

WBO世界Sフェザー級王者伊藤雅雪は7回TKO勝ちで初防衛に成功!

31Dec2018

12月30日、東京・大田区総合体育館で行われたトリプル世界タイトルマッチ。メインイベントWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチは、王者・伊藤雅雪(伴流)が挑戦者1位のエフゲニー・チュプラコフ(ロシア)に7回TKO勝ちで初防衛に成功した。

初回、スイングパンチを振り回し、距離を潰しにかかる挑戦者。ただ、ステップインしながらワンツーを出す以外に策がなく、そのまま首相撲。距離がない中、伊藤は細かいフック、左右ボディを刻む。伊藤は距離を取って突き放したいところだが、序盤はクリンチが多い地味な展開。3回、偶然のバッティングで伊藤は左瞼上をカット。

0301

0314

0316

4回、伊藤は足を使い、得意の中間距離にシフトチェンジして、リズムを立て直す。リーチ差を活かしてジャブを増やし、挑戦者より遠い距離から右ストレートのヒットを重ねていく。ワンツーをヒットさせ、チュブラコフはノーガードから相打ち狙いのビッグパンチを振り回す、カウンター戦法。5回、偶然のバッティングで今度はチュブラコフが出血。

決着ラウンドは7回、伊藤が右ボディアッパーでダメージを与え、挑戦者をコーナーに押し込むと怒涛のラッシュ。チュブラコフ陣営からタオルが投入された。
TKOタイムは7回2分11秒。

0317

0303

初防衛に成功した伊藤は27戦25勝13KO1敗1分。世界初挑戦で初黒星のチュブラコフは21戦20勝10KO1敗。

0307

0308

Photo : NAOKI FUKUDA

Recent News

Corner

Blog